忍者ブログ
中央競馬騎手四位洋文をマイペースで応援中。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

レッドディザイア

アラブ首長国連邦・ドバイのメイダン競馬場で行われるアル・マクトゥームチャレンジ ラウンド3レース(G2)で、レッドディザイア号がなんと1着になりました!鞍上はペリエ騎手でした。

コタツで転寝し、深夜に目が覚めて、グリーンチャンネル見ることにしたら、あれよあれよで勝ってしまいました。
見ててよかった!
ずっと後方集団にいたのですが、最後に大外から差し切り!!
強いレースでした。
ウオッカ号は8着でした。
松永幹夫調教師を始め、スタッフのみなさん、おめでとうございました。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬写真へ
にほんブログ村
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今までの
いつもROMしてましたがおめでたい事なので
四位さんが乗れない事に対して正直モヤモヤしてたのに、素直に嬉しいと思いました!
敢えて言葉悪いかもしれませんが、一方のウオッカ陣営は今までの色んなツケが一気に出た感じですね
これは四位さんの言葉を借りて言うなら、競馬の神様はちゃんと見てるんだなと思います
本番はどっちか分からないけど、ペリエ騎手が乗れないWCなら是非とも騎乗してほしいなあ…
初めてまして 2010/03/06(Sat)11:43:14 編集
おめでとうございます
携帯からこんばんは

レッドディザイア、おめでとう!
今回はペリエ騎手の手綱でしたが、四位騎手が教えてきた事が見事に花開いたのだと思っています。

それにしても、海外初挑戦でいきなり重賞を勝ってしまうなんて、幹夫厩舎は凄いですね
きりん 2010/03/06(Sat)20:28:14 編集
うれしい~!!
ほんとうにうれしいニュースでした。
これで本番も楽しみになりました!!
怪我などせずに、古馬になるまで、ずっと活躍してほしいなぁと思います。でも、あんまし活躍しすぎると、逆に早く引退しちゃいそう。。。
ジレンマですね。
なにはともあれ、おめでとうございます!!
mic 2010/03/06(Sat)22:11:52 編集
レッドディザイア
>初めてましてさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ドバイでのレッドディザイアに四位くんが乗らなかったこと、私は特には無念に思っておりませんでした。確かに四位くんが乗れば最高ですが、海外で日本人ジョッキーが乗ることで、余計な不利益を被ることがあると聞きます。フェアーじゃないらしいです。馬のことを考えたら、外国人騎手の方が海外ではベターなんだろうと思います。しかも、四位くんがドバイに行くとなると、日本で騎乗できないし、色々負担になりますしね。でも、日本に帰って来たら、四位くんに騎乗して欲しいです。
ウオッカちゃんはまた鼻血を出したらしいですね。そして引退。彼女のおかげで四位くんが悲願のダービーを勝てたこと、感謝・感謝です。
多分、ウオッカ関係で不快になったもろもろの原因は、馬主さんオンリーに由来するものだと私は思っています。

>きりんさん、micさん
いやあ、今回の勝利、びっくりしましたね~。
私は奇しくもライブ映像で見ていたのですが、さすがに勝つなんて思ってなくて、実は、ウオッカちゃんの方に期待してました。
レース中もウオッカちゃんのほうは好位置にいて、ディザイアちゃんのほうは後方だったんで、失礼なことに、世界の壁はやっぱり厚いなあ~なんてあきらめモードだったんで、最後の直線追い抜きはあっけにとられておりました。ウッソーって感じでした。本当にディザイアちゃんにも幹夫先生にも失礼なことでした。
その後、幹夫先生がインタビューを受けていたのですが、いつもと全く変わらない感じでした。ドバイに来ているのに阪神にいるのと変わらない感じでした。
ディザイアちゃん、これで牝馬としての格がグッと上がりますね。今後も多分日本で走ると思いますよ。
ウオッカちゃんもディザイアちゃんも、確かに四位くんがレースを教えてきた馬です。活躍本当に嬉しいです。
P子 2010/03/08(Mon)00:56:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
P子
性別:
女性
趣味:
競馬
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
お天気情報
忍者ブログ [PR]